前へ
次へ

最期までしっかりとお見送りペット葬

ペットが不幸にもなくなってしまったとき、昔は庭や裏山に埋めるというようなことも多かったかもしれませんが、近年は火葬をするのが一般的となっています。
愛するペットが亡くなってしまったとき、保健所などで火葬をしてもらえますが、一匹ごとにではないため、遺骨は手元に残らずに思い出がないといった不満や、愛するペットを他のペットと一緒に火葬してもらうことに抵抗があるという方も多いため、ペット葬の需要が高まっています。
ペット葬の場合は人間と同じようにペットのことを見送ることができますので、葬儀もしっかりと済ませ、火葬も一匹だけで行われます。
そのため、火葬時にペットの思い出の品を入れることができますので、遺骨も手元に帰ってきます。
その遺骨を永眠供養などで納骨をすることで最期まで愛するペットのことを見届けることが出来ます。
愛するペットを亡くしたら、ペット葬儀でお別れをする時間を設けることでペットとの時間はより大切なものとして残ります。

Page Top